6,000円以上で送料無料(離島は除く)
新規会員登録で500ポイントプレゼント♪さらに!お誕生日に300ポイントプレゼント
れのあLINEアトピー相談室
化粧品FAQ
目的別に商品を探す

商品カテゴリー

商品カテゴリから選ぶ商品カテゴリから選ぶ"

商品名を入力商品名を入力

価格を入力価格を入力

円~

体質改善のための
健康補助食品

美味しいサプリ

2020年6月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
2020年7月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
  • NEW
  • オススメ
商品コード: d-037

【新商品】【お取り寄せ】プラズマオゾン発生機YS80-OZS(N) ウイルス対策 除菌 人体に安全

販売価格(税込) 297,000 円
ポイント 2700 Pt

商品詳細情報

付着菌まで安全に除菌できる!
濃度管理機能付き「オゾン発生装置」

プラズマオゾン発生機YS80-OZS(N)
部屋に置くだけ! コロナウイルス、インフルエンザウイルス、花粉対策に最適です。


このような方におすすめします

●様々な菌やウイルス対策をしたい方
●除菌をしたいけれど手間をかけたくない方
●部屋全体をまんべんなく除菌したい方
●安全に除菌したい方
●アレルゲン対策をしたい方
●部屋や家具、衣類などの脱臭をしたい方
●ランニングコストをかけたくない方
●除菌剤の希釈などやふき取りなどの手間をかけたくない方
●環境を気にされる方


オゾンによる新型コロナウイルスの感染力低下が確認されました

奈良県立医科大学とMBTコンソーシアムの研究グループが世界で初めて、
オゾンガスによる新型コロナウイルスの「不活化」を実験により確認、発表されました。

アクリル製の機密ボックス内のステンレスプレートにコロナウイルスを塗布し、オゾンガスを噴霧。
オゾンガス1ppmの中に1時間置いた所、ウイルスは最大100分の1に
6ppmで55分間置くと最大1万分の1にまで感染力が低下したことが報告されました。

(参考文献:2020年5月14日 奈良県立医科大学発表資料)


菌・ウイルスの人体への影響と環境作り

菌・ウイルスは、少数では体内にはいっても影響を与えません。
影響が出るのは、体内に数万個から数十万個の菌やウイルスが急激に増えた時です。
これを防ぐには増殖を始めた菌・ウイルスを作らなければ良いのです。(そのため減菌と言わず除菌と言います)

人体に影響を与えないために、急激に増殖する菌やウイルスを作らない室内環境、人体にとって居心地の良い空間を作り、菌やウイルスが活発化できない環境を作ることを目指します。


オゾンによる除菌の特長

(1) オゾンの原料は酸素のみ

オゾンとは、自然大気中に存在している酸素分子と酸素原子から出来ています。
O2+O=O3(オゾン)
大気中にもオゾンは存在しており、大気の自浄作用(殺菌・脱臭・脱色)をしています。
また結核などの療養所が海岸や高原に建てられるのは、自然界での生成されるオゾンの量が多く、オゾンにより空気が浄化されているためと言われれています。

(2) オゾン除菌効果とCT値

CT値とは、殺菌・不活性化を示す指標として国際的に認められているものです。
C=濃度、T=時間を掛け合わせた数値です(濃度ppm×時間min)

殺菌・不活性効果は、菌・ウイルスの濃度と暴露されている時間により決まるので、
CT値が高いほどその効果は増加し、低ければその効果は低下します。

CT値

〈オゾンガスの標準CT値〉
オゾンガスの標準CT値

(3) インフルエンザウイルスの場合

例えば新型インフルエンザ(H1N1)ウイルスを99.7%不活性化させるにはCT値18が必要となります。これはオゾン濃度1ppmの空間なら18分で不活性化します。
しかし、有人スペースではオゾン発生機のオゾン濃度を0.1ppm以下で使用しなければなりません

絶えずオゾン濃度0.1ppmの空間では、インフルエンザウイルスは活発な活動は全く出来なくなります。オゾンガス0.1ppmを3時間以上使用で、99.7%以上のインフルエンザウイルスの不活化を確認しました。
また、99%の不活性化なら120分、92.9%の不活性化なら60分となります。


ウイルス感染価の不活性率とCT値

(4) 新型コロナウイルスの場合

オゾンガスによる新型コロナウイルスの不活化も発表されました(奈良県立医科大学発表)

現時点ではCT値の算出はされておりませんが、オゾンによるさまざまなウイルス除去効果は確認されており、ノロウイルスやインフルエンザウイルス同様に除菌効果が期待されています。
(特にコロナウイルスの一種であるSARSとCovid19はよく似た構造だという研究発表もあります。)

(5) オゾンによる2つの除菌方法

オゾンによる除菌は、オゾンガスオゾン水の2つの方法があります。

オゾンガスは、オゾンをガス状にして散布する方法です。
置き型の装置により広範囲にわたり空間を安定的に除菌します。
 →このページの商品「プラズマオゾン発生機YS80-OZS(N) 」

オゾン水は、水の中にオゾンを高濃度に溶解する方法です。
コンパクトな装置で手軽に除菌します。
 →高濃度オゾン水除菌脱臭スプレーYS8ZWSP

オゾンは残留性もないため、人体・環境にも優しいです。


オゾン発生機の特長

(1) オゾン濃度自動制御システム搭載

オゾンは直接細菌・ウイルスを分解するので非常に早い効き目があります。
しかし、オゾンはその効果が強すぎるために厳重な管理が必要とされています。
一般的には、使用空間濃度は8時間労働する場所で0.1ppm以下とされています。(オゾンの安全性の基準)

本オゾン発生機は、オゾン発生量を多くかつ安全にという矛盾を解決するためにオゾン発生量を効率よく制御。どのような場所でも24時間安心してご利用いただけるためにオゾン濃度自動制御システムを搭載しました。


オゾン濃度自動制御システム

(2) 特許取得の技術により、安定したオゾンの供給を実現

オゾン発生機は、最初はどのメーカーの機器も規格通りのオゾンを発生しますが、
従来の固定放電方式等の発生機は、時間の経過とともにオゾンを発生する心臓部のオゾン発生体に色々な異物が付着・堆積してしまい、水洗いやメンテナンスをしないと数週間から数ヶ月でオゾン発生量が減少して、オゾンを発生しなくなります。

本オゾン発生機は、心臓部に回転放電式発生体(特許)を採用しているために異物の付着や堆積がほとんど無く、放電部のメンテナンスは3~5年に一度行うだけです。


【オゾンのできる仕組みについて】


酸素の分子を放電エネルギーで酸素原子に分解させてオゾンを生成します。

従来オゾン

この時、問題になるのが空気中に78%含まれる窒素です。
オゾン生成時にこの窒素と湿気が反応して白い粉上の異物(塩の一種)が少量ですが生成されてしまいます。(従来の固定放電方式

異物により定期的にきちんとメンテナンスしないと、オゾンを発生できなくなってしまいます。

また、長期メンテナンスを怠ることにより固形化してしまい、固着すると綺麗に取り除くことが出来なくなってしまいます。

従来オゾン2


本プラズマオゾン発生機(回転放電方式)では、異物の生成を極力抑えることの出来る回転放電方式によりオゾン発生をしています。本プラズマオゾン発生機


(3) 耐性菌をつくりません

一般的に薬剤(次亜塩素酸ナトリウム希釈液など)による除菌の場合、細菌やウイルスの細胞の核に作用し除菌します。
この場合、薬剤が遺伝子に取り込まれ、耐性菌を持った菌やウイルスが発生する恐れがあります。

一方、オゾンによる除菌は細胞を分解します。
細胞膜が破壊されたことで、細胞の核が溶け菌が死滅しますので、耐性菌が発生する恐れがありません。


除菌イメージ


(4) オゾン発生機によるそのほかの効果

●アレルゲン対策

(1)ダニ対策


ダニ対策


(2)花粉対策


花粉対策


(3)ホルムアルデヒド対策


ホルムアルデヒドとは家具や建築資材、壁紙を貼るための接着剤などに含まれている化学物質の一つです。家具や建築資材などから少しずつ室内に放散されます。
ホルムアルデヒド対策


●脱臭対策

(1)悪臭を元から脱臭


悪臭を元から脱臭


(2)衣服についた気になる臭いにも


衣服についた気になる臭いにも


ご使用方法

設置して電源を繋ぐだけ!簡単です。オゾン濃度自動制御機能が最適の環境を自動制御します。

※オゾン発生量の調整はLowとHighの2段階切替。気候や除菌空間の広さで切り替えると最適な濃度で除菌・脱臭します。
※選べる8パターンでオゾン濃度を自動制御。

オゾン発生機

上手な使い方

~ 有人時は濃度管理機能をON設定、無人時はOFF設定に ~

・8~20畳の部屋に、夜間はオゾン濃度管理機能をON。
・人のいない時間帯は濃度管理機能をOFFに設定し、帰宅された際には数分換気をし、濃度管理機能をONに設定。

※無人時にOFFに設定し隅々まで除菌し、有人時につなげます。効率よく除菌できます。


新型コロナウイルスの除染目安

日中など無人になる時間があるお部屋の場合は
無人になる時間帯に濃度制御運転のスイッチを連続運転に切り替えてのご使用をおすすめします。
連続運転にされるとお部屋の大きさにもよりますが、1時間程度で空間のオゾン濃度が0.2ppm以上になります。オゾンガス濃度0.2ppmで5時間経てばCT値60の除染を行えることになります。
CT値60という数値は、新型コロナウイルスを90~99%除染できる目安です。
その他インフルエンザを含むウイルスや菌のほとんどはCT値60で除染が出来ます。


CT値60


この場合、ご帰宅時に一度換気をとって、オゾン濃度を下げていただくことが必要です。
オゾンは発生を停止してから3時間経つと、オゾン濃度はほぼ0ppmと通常の空気に戻ります。

また、ご帰宅時間に合わせて数時間タイマーでオゾンの発生を停止して、
ご帰宅されたときに濃度制御運転に切り替えていただく方法もございます。

生活スタイルに合わせてご使用ください。


メンテナンス方法

心臓部に回転放電式発生体(特許)を採用しているために異物の付着や堆積がほとんど無く、
放電部のメンテナンスは3~5年に一度行うだけです。

※使用環境が良い場合は5年以上メンテナンス不要の場合があります。
(放電部に汚れが溜まった場合簡単にメンテナンス出来ます)

※オゾン濃度センサーは最短1年で交換が必要です。価格35,750円(税込)
交換をご希望の際にはご連絡ください。お送りいたします。(ご自身で交換いただけます)
*プラスドライバーが必要になります。


メンテナンス方法


仕様

仕様


文責:株式会社レノアコーポレーション
TEL:042-726-1107

この商品に対するお客様の声